HOME > アンチエイジング > 毛髪検査

毛髪検査

毛髪検査

毛髪ミネラル検査とは?のイメージ
毛髪ミネラル検査とは?

人間の体の96.7%は、酸素・炭素・水素・窒素の4元素で構成されています。
この4つの他に、カルシウム・リン・硫黄・カリウム・ナトリウム・鉄・亜鉛・銅など沢山の元素がありますが、これらを総称してミネラルと呼びます。
これらのミネラルには、必須ミネラルと、有害ミネラルがあります。
必須ミネラルが欠乏したり、有害ミネラルが蓄積したりすると、
不眠・冷え性・抜け毛・肌荒れ・疲労感など様々な症状が出てしまいます。
毛髪ミネラル検査というのは、髪の毛を少しだけ切り検査機関に出す事によって、どの必須ミネラルが足りないのか、どの有害ミネラルが溜まり過ぎているのか知る事が出来るので、自分の摂るべきサプリメントの種類を選べたり、体に合った献立を考えたり出来ます。
毛髪は、日々の体内の栄養状態を記録しているので、変動の激しい血液や尿と違い長期間の栄養状態を知る事が可能です。

必須ミネラル欠乏が関与する主な健康障害
必須ミネラル 主な健康障害
マグネシウム(Mg) 心臓疾患、糖代謝異常、神経症
カルシウム(Ca) 骨粗鬆症、筋肉の痙攣、不眠症
亜鉛(Zn) 皮膚炎、味覚障害、発育不全、前立腺肥大
セレニウム(Se) 心臓病、免疫力低下、生殖能力低下
有害ミネラル蓄積が関与する主な健康障害
有害ミネラル 主な健康障害
カドミウム(Cd) 肝臓・腎臓障害、高血圧、骨粗鬆症
水銀(Hg) 肝臓・腎臓障害、中枢神経障害
鉛(Pd) 貧血、腎臓障害、中枢神経障害
ヒ素(As) 皮膚障害、胃腸障害、変異原性(発ガン性)

毛髪検査の流れ

患者様には当院に1本毛髪を提供頂くだけで完結します。

専門機関による具体的な検査方法 1毛髪0,1グラムを採取 2有機溶剤・界面活性剤により洗浄 3アルカリ溶液により溶解 4ICP-MSによる測定 5検査表と測定結果に基づくアドバイス

毛髪検査を行う事で、様々な病気を未然に防ぐ事が可能です!