HOME > アンチエイジング > 肌のエイジングケア

肌のエイジングケア

 肌の老化を抑制するには?

歯とアンチエイジングのイメージ

20代後半から肌老化のサインがあらわれはじめます。このうち、太陽光線を浴びるは肌に生じるシミとシワは「光老化」と呼ばれますが、日常生活でそれを避けることはとても大変です。

そのメカニズムとして近年注目されているのが、紫外線によって生じる「活性酸素」のはたらきです。
「活性酸素」は遺伝子や細胞膜にダメージを与え、シミやシワを発生させることがわかってきました。

この活性酸素の働きを抑制する物質は多くありますが、近年注目されているのが「アスタキサンチン」で、ひときわ強力な効果が実証されています。活性酸素の中でも特に肌老化の主原因となる「一重項酸素」の働きを抑制します。

「アスタキサンチン」を効果的に体内に取り入れることで肌の老化を防ぐことができます。

「アスタキサンチン」の美肌効果

歯周病とアンチエイジングのイメージ

「アスタキサンチン」は、エビ、サケ、タイなど、赤い色の水産生物に存在する天然色素カロテノイドの一種。肌トラブルの原因となる活性酸素を抑える作用を持っています。。さらに、メラニン色素の生成を防いだり、コラーゲンの分解を防いだりと、その美肌効果は様々。エイジングケアに効果の高い美容成分として、熱い注目を集めています。

「アスタキサンチン」は肌表面、表皮、真皮などの皮膚のあらゆる部分に作用し、様々なトラブルから守り、美しん肌を導きます。

エビデンス
①皮脂分泌をおさえ、肌の脂浮きを改善する効果が認められました。
②キメが乱れ、流れていた肌も4週後には改善する効果が認められました。
③8週間後には目立つシミの面積が減少、シミの改善の効果が認められました。
④ヒト3次元皮膚モデルにおいて、メラニン産生を約20%おさえました。
⑤8週間後にはシワの改善効果が認められました。
⑥一重項酸素のダメージから皮膚線維芽細胞を守る効果が認められました。
References
「FOOD Style21 2009年10月号」
「アスタキサンチンの美容効果 / 富士化学工業株式会社」

「アスタキサンチン」配合美容液

  アスタリズムは、肌の健康に重要な『アスタキサンチン』を贅沢に配合したエッセンス。
肌への親和性を高める技術で、角質層の奥までの浸透します。


「アスタリズムは、現在のお手入れの『土台』となる“スキンケアベース”美容液。よくなじんでベタつかず、さっぱりとした使用感なので、次に使う基礎化粧品の邪魔になりません。アスタリズム」を最も受け入れやすい、洗顔後、直のお肌にお使いください。

「アスタリズムは池田歯科医院でお買い求めいただけます。


 

「アスタキサンチン」配合サプリメント

健康のサポートに「アスタキサンチン」が多く配合された「アスタリールACT」をおすすめします。
一日2粒を目安に、食後に噛まずに水などでお召し上がりください。
以下の3つの成分が体の中からサポートします。

アスタキサンチン
サケ、エビ、カニなど主に海洋生物に存在する赤い色素(カロテノイドの一種)で、パワー満点の注目の成分です
 
トコトリエノール
パーム椰子などの限られた植物に、ごく微量にしか含まれない重要な成分(ビタミンEの一種)で、スーパービタミンEと呼ばれています。

安定化型ビタミンC
水溶性ビタミンの代表格であるビタミンCは熱や胃酸に壊れやすいため、安定化型ビタミンC「アスコルビン酸グルコシド」として配合しています。

「アスタリールACT」は池田歯科医院でお買い求めいただけます。